仕事を探している人にはモビットキャッシング

 

会社員をしている人は、今の自分の会社がなくなってしまったら、どのような思いをするでしょうか。大企業に勤務している人にはわからないかもしれません。それでも、今勤務している会社が、永遠に経営されるという決まりは一切ありません。経済状態が変化すれば、自然の摂理に伴って、今ある会社がなくなってしまうということも十分考えられるのです。会社がなくなればもちろん、収入がなくなってしまいます。そんなときには消費者金融のモビットを利用してください。会社が倒産した場合も、自分が仕事を解雇されてしまった場合も、モビットあれば、ある程度の生活を保っていくことができます。最悪の事態になったとしても、モビットがあるから大丈夫と気楽に構えておいてください。

 

【1】自己紹介

 

私は40代の男性です。東京都内の有名な会社に勤務していました。いわゆる大企業で管理職として勤務していました。ある日会社の不祥事が明らかになって、急激に人員削減を余儀なくされました。私は今の会社に残りたかったのですが、やむなく解雇されてしまいました。家庭があるにもかかわらず、私の給料は0になってしまいました。もう私と人生はおしまいだと思い、電車に飛び込もうかどうか迷っていました。そんな時に駅前に見かけたモビットで、お金を借りたら大丈夫だ、と気が付きました。ATMに入って、モビットのカードを作りました。すぐにカードが発行されて、そのカードを握り締めて帰宅に帰りました。

 

【2】仕事がうまくいかなくても

 

私は仕事が嫌いというわけではありませんでした。私がクビになってしまったのは、会社の経営者の失敗だったのです。その一方で仕事がうまくいかないので、解雇されてしまったという人もいると思います。新しい仕事を探さなければいけないと思った時に、お金が全く入ってこないと思うと、精神的に追い詰められて就職活動もできませんよね。そんな時にゃモビットのカードを持っていれば「まだ僕にはカードがあるんだ。終わったわけじゃないんだ」と思うことができます。この心理的な安定感で、就職活動も自然な感じでうまくいくと思います。

 

【3】モビットに助けられた

 

再就職活動をするために私は3ヶ月無職でいることになってしまいました。しかし私は全く落ち込んでいませんでした。しれはモビットがお金を貸してくれるからです。ピンチになっても借りれば大丈夫と思っていたせいで、再就職先の会社の面接でも、「精神力が強い人なんですね」と褒められてしまいました。気が強いわけではなく、モビットがあったおかげだったのです。仕事がなくなっても、モビットが助けてくれると思えば、豊かな日本で何の心配をすることもありません。

 

●まとめ

 

無事に私は再就職を果たすことができました。それはもちろんモビットのカードを持っていて、金利も安いし。返済するのも楽だから、しばらく収入が途切れても大丈夫だ、と安心していたのが勝因でした。再就職を考えている人は、モビットに申し込みをして、カードを手に入れておきましょう。無利息キャッシングを検討しているなら。

 

 

現在は「借金」をするのが当たり前の世の中になっています。一番大きな借金は住宅で、住宅を購入する時に全額を現金で支払う人は皆無に近く、必ず借金(住宅ローン)をします。その他にも、自動車ローンや教育ローンを利用する人も少なくありません。突き詰めれば、クレジットカードにおけるショッピングも借金のようなものであり、借金をしない人はいないと言っても過言ではありません。

 

そして、借金の代表とも言えるのが「カードローン」です。テレビでも良くCMが流れていますが、現在では消費者金融を始め、銀行やクレジット会社などほとんどの金融業者がカードローンを販売しています。ただ、カードローンに関してはその特徴を理解できていない人が少なくありません。実は、カードローンには3つの大きな特徴があります。

 

1つ目は、利用限度額の範囲内なら「何回でも借入ができる」と言うことです。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンは契約時に資金を借りれば後は返済するだけで、追加の借入はできません。新たな資金が必要になれば、改めて審査を受けて契約を結ばなければなりません。

 

ところが、カードローンの場合は契約時に設定された利用限度額の範囲内なら、利用者が必要な時にいくらでも自由にお金を借り入れることができます。その都度業者と契約する必要が無く、コンビニのATMからいつでも借入ができますし、インターネットを利用した振込キャッシングによって自分の保有する銀行口座に入金してもらうことも可能です。

 

2つ目の特徴が、借入金を「何に使っても構わない」と言うことです(事業目的は不可)。住宅ローンや自動車ローンはその目的に使用するためにのみ貸付がされるもので、他の用途に使用することができません。しかも、貸付金は利用者に渡されずに、製品やサービスの提供者に直接渡されることが一般化しています。

 

しかし、カードローンでは利用者が直接借入金を受け取り、自分の判断で借入金を使います。生活費に充てようが、ギャンブルに使おうが、旅費に回そうが、利用者の自由です。

 

そして、3つ目の特徴が、「担保や保証人がいらない」と言うことです。住宅ローンや自動車ローンでは通常、住宅や自動車が担保に提供され、貸出業者が担保に対し抵当権を設定します。また、ローンによっては返済が滞った場合に利用者に代わって返済をする保証人の必要な場合もあります。

 

しかし、カードローンは利用者個人の信用に対して資金を貸し出すシステムになっているため、担保や保証人が不要です。また、信用の度合いが利用限度額に反映しています。ちなみに、銀行カードローンでは保証人を取らない代わりに、保証会社の保証を受けることを条件としています。